代表の想い~後半~

壮絶な幼少期の家庭環境が現在の私を育くむ

私がこのように女性目線で話すのは、母親の離婚が原因だと思います。
母は3回再婚しており、私の世代で3回も両親が結婚するのはかなり珍しいです。

ひとり目の父親は浮気症で私が小学1年の時に離婚しました。1度も遊んでもらった記憶がなく、唯一覚えているのは父と母がケンカして、その腹いせにプラスチックのおもちゃを私の頭に投げつけて、深夜に病院で数針縫ったことだけは今でも鮮明に覚えています。離婚後、1年くらいは養育費を払っていましたが、別の奥さんができたらしく、それ以降は1円も振り込まれることはなかったみたいです。

その為、母は家計のやりくりをする為に、昼はパート、夜は水商売をして私を育ててくれました。母は私に水商売の事を黙っていましたが、昼と夜の服装があまりに違う為に子供心ながらうすうす勘づいていました。

そして、ふたり目の父親は母のお店に来ていたお客さんです。
日曜日に駅まで母と手を繋いでいくと、見知らぬ男性を母からひとり紹介されました。「このお兄さんと今から遊園地に行くけどいい?」と言われて、まさか自分の父親になるとも思わず、「うん。」と頷いた記憶があります。

母はその男性と結婚して、幸せな日々を過ごしていましたが、実はその男性にはもうひとつの意外な一面があったのです。それは・・・・DV。

とにかく、キレたら手が付けられない人で、お皿が割れたり、水槽が割れたり、日ごろ優し父親なので私は天国と地獄を見ているようでした。当時はDVという言葉も無く、夫婦喧嘩という言葉で片付けられていましたが、そんな夫婦生活も長く続くことなく3年という短い期間で夫婦生活にピリオドが打たれました。

この頃から、お父さんとお母さんがいる当たり前の家庭が、特殊な風景に思えだしました。蝉が鳴く小学5年生の暑い夏の頃の事です。

幸せになれなかった母を思い出して

その後、母は今のパートナーと出会い、長い夫婦生活を続けていますが、貧乏で甲斐性のない方でいつもお金の話しばかりしています。ほんとうんざりです。

私の母親は本当に男運がありませんでした。というか理解力のある男性と巡り合うことができませんでした。殆どシンママでずっと私を育ててくれて、男性にも振り回されて。私は、「母の幸せは一体いつだったのだろ?」っと、母の顔を見る度にずっと思っています。

しかしながら、私の人生もなぜかこういった男運のない女性と出会う事が多いです。付き合った女性も、バツイチ、片親、元カレが浮気症、性的暴行や家庭環境など恋愛にトラブルを抱えた女性が殆どでした。

恐らく私が特殊な人生を歩んできた為に、他の男性にはない何かを女性達は感じ取り、心の拠り所を求めたのだと思います。

今、自分にできることは何か?

そんなこんなで人生は流れていき、私はある人物の言葉を聞きます。それは大人気YOUTUBERラファエルさんの言葉で「好きなことをするのではなく、まずは自分ができることをしましょう。」という言葉です。

私はこの言葉に凄い感銘を受けて、自分が今できることは何だろうっと深く考えていました。そう思った時に「あ!俺、女性をサポートできるわ。人生を振り返っても、職種や経験からこんな特殊な人生を送っているのは、そんなにいないよなあ。」

ただ女性の何をサポートすればいいのだろうか・・・、日々悶々と考えていました。そんな時、昔からの知人に自分の想いを相談していたところ、巡りに巡って、チャットレディーで月収100万円稼いでいる女性を紹介してもらえる事になったのです。

チャットレディーと聞いて初めは「事務職かな?」と思いましたが、詳しく話しを伺うとパソコンやスマホ越しで男性と会話をするお仕事だと聞きました。私は「???」ちんぷんかんぷんで、その女性に「百聞は一見に如かず。最初は無料で使えるから一回試してみたら?」と言われました。

急いで帰宅して教えてもらったサイトに登録し使ってみました。すると女性と話したりチャットするだけであっという間に数十分の時間が過ぎてしまい、自分の持ちポイントがみるみる無くなっていくのを感じて、「なんだこれ!!!」と驚愕しました。

正直マッチングアプリで普通に会っていた私からすれば、会わずにネットでやりとりする世界があるなんて革命的でした。でもやってみれば意外に楽しいし、自分の好みの女性を選べるといった利点はもはやキャバクラでした。実際な話し、キャバクラで好みの子を指名したりドリンク代を考えると、チャットレディーと話してる方が圧倒的に安いし、自分のお財布の事情にあわせてやりとりできるので、キャバクラに通うお客みたいに「SEXさせろ!」といったあと腐れはないです。

その後もたくさんの女性の部屋を閲覧して、ひとりの女性に5~7人もの男性が集まっていたりする光景や、2ショットチャットといった割り増しでふたりきりになれるシステムを目の当たりにして「こんな世界があったんだ・・・。これは女の子、稼げるわ。」と確信しました。

女性をお姫様にしよう

「決めた!チャットレディーという職業で女性にめっちゃ稼いでもらって、お姫様として君臨してもらおう。」

私の母親のように、浮気症の男性やDV男、貧乏で甲斐性の無い男性に振り回されることのなく、自分の思うように、自由に生きる事が出来る、素敵な女性になってもらいたい。

「エステ?」行けばいいじゃん、
「リフトアップ?」すればいいじゃん、
「二重手術?」すればいいじゃん、
「エルメスのバッグ?」買えばいいじゃん、

「イケメンと遊びたい?」遊べばいいじゃん、何してもいいよ。
そんな全ての「わがまま」を実現できる女性になってもらいたい!
という思いからプリプリンセスと会社を名付けました。

私のこの熱い想いを、チャットレディーの存在を教えて下さった女性に伝えたところ、「いいですね。男性でそんな捉え方をして、女性の味方をする方は珍しいです。いち女性として応援します。」と申し出て頂き、私の会社に専属でサポートして頂けることになりました。

沢山の世の女性をお姫様にプロデュース

現在、私の経験と月収100万円のチャットレディーさんのWサポートもあり、沢山の世の女性をお姫様にプロデュースしてきました。

・芸能界を目指す卵
・30代のおこづかいが欲しい主婦
・20代のもっと綺麗になりたいOL
・ブランド品が欲しい大学生

など皆さん、ご自分の夢や願望を叶えています。

もしあなたが私の【お姫様プロデュース】にご興味がおありでしたら、
こちらにご連絡頂けたらと思います。

必ず私たちが、あなたを、「全てのわがまま」を実現出来るお姫様に変身させます!

それではお時間頂きましてありがとうございました。

関連記事

ページ上部へ戻る
onlyhardporn.mobi 3gpking.name pornodoza.info tubepatrol.pro pornohaba.mobi
gekso.org 3gpkings.pro hqtube.org meyzo.org 3gpjizz.info